モンテドゴソのアルベルゲは超快適

s-patricia28-b-6-1
足に絆創膏を貼ってくれた彼女たちとはそこでお別れして、またゆっくり歩き始めました。しばらくしてバルを発見したのでwifiをしながら小休憩。モンテドゴソのアルベルゲについて、スマホで地図を確認しました。ついでにネットでそのアルベルゲを検索したら、個室が予約できるではありませんか。一人部屋33ユーロで、部屋にシャワー&トイレも完備です。バスタオルやアメニティまで!今日はここに泊まりたい!すぐさま予約しました。

s-patricia28-b-6-2
バルを出て残りの5キロ弱を歩きます。ここからは郊外の道路といった感じで山道は終わったようです。歩き始めてすぐにガリシアのテレビ局の広大な敷地の脇を通りました。だいぶ中心部に近づいて来たんだな。。。こんな調子で歩道を歩いて約2時間、とうとうモンテドゴソに到着!!すっかりカラダはボロボロですが!!アルベルゲの受付のおじさんに巡礼手帳のスタンプを押してもらって、部屋の説明をしてもらいました。

この受付のおじさん、なんと日本語が達者でびっくりしました。色々と話しているうちに、私の泊まる個室の受付はここではなかったことが判明。車で受付まで連れて行ってくれました!同じ敷地だけど距離があるので、私のこの足で向かうのは無理です。そんな配慮をしてくれたおじさん、本当にありがとうございます。チェックインして部屋に入った瞬間、一気に張りつめていた気持ちが緩んで、床に座り込んだまま30分ほど動けませんでした。今日はたくさん歩いて辛かったけど、その分人の優しさに触れた一日でした。