巡礼をする日本人はまだ少数

s-patricia28-a-7-1
巡礼1日目(サリア~ポルトマリン、22km)。午前7時にオステルを出発しました。しょっぱなから雨です。レインジャケットを、リュックを背負ったまま羽織って歩きました。。。雨の中ひとり巡礼路を進んでサリアを去ります。この町は高台にあるので、坂道のアップダウンがけっこうキツい!!この先ひとりで大丈夫だろうか・・・ややホームシックになりかけました。まあそうはいっても今日は22キロを歩かなくてはなりません!巡礼路の黄色い矢印を辿って山道に突入します。

s-patricia28-a-7-2
ちょっと下ったと思ったら、しばらく急な上り坂になりました。私はゆっくり歩いていたので、後から来た巡礼者さんに追い抜かれまくりです。その時に「ブエン・カミーノ(良い巡礼を~)」と、お互いに声を掛け合います。一言挨拶を交わすと孤独感が紛れますね。それ以外はひたすら歩くだけ!一旦休むと疲れてしまうので、最初の3時間は休憩しませんでした。途中、「残り100km」を示す道標(モホン)に人が集まっていましたが、私はその一つ手前の「100.5km」を写真に収めていたのでスルーしました。

s-patricia28-a-7-3
上り坂が一段落してしばらく歩いていると、また後ろから「ブエンカミーノ!」と女の子の声が。振り返ると日本人ではありませんか!彼女は現在イギリス留学中で、この夏休みを利用して1か月程前から歩いているそうです。ポルトマリンまでの残りを一緒に歩く事にしました。もうほとんど平坦な道なので他愛もない話をしながら、あっという間にポルトマリンに到着です。